20:36 2019年11月15日
イランの原子力発電所「ブーシェフル」

日本はIAEAによる査察受け入れ体制構築においてイランを助ける

© Sputnik / Valeriy Melnikov
中東
短縮 URL
0 50
でフォローする

日本はIAEAの査察において必要不可欠となる、国内法の制定や関連規則、マニュアルの準備においてイランを助けるつもりだ。共同通信が今日、政府関係者の発言として伝えた。この目的のため原子力発電所の安全基準を引き上げ、それに沿った人材の育成をすることも視野に入れている。

さらに共同通信が伝えたところによると、政府はこの日本の意向について、イランとアメリカの当局者に伝え、賛同の意を示されたという。「日本は核研究の透明性を確保することにおいて世界の信頼を得るべく大変な努力を払っている。現在私たちは、日本の研究経験を分かつことを希望している」と政府関係者は述べている。

また、イランの原子力発電所「ブーシェフル」がある地域には定期的に地震が起きているため、日本側は、2011年の3月に起きた福島第一原発での事故処理における自国の経験をイランでも生かすことを予定している。

タグ
原発, 日本関連, IAEA, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント