07:38 2017年12月14日
東京+ 2°C
モスクワ+ 1°C
    イスラム国のテロリストら、10歳少年が捕虜の首を斬る様子を撮影

    イスラム国のテロリストら、10歳少年が捕虜の首を斬る様子を撮影

    © Youtube / Russia 24
    中東
    短縮 URL
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
    0 18

    テロ組織イスラム国の戦士らは、10歳の少年が捕虜の首を斬る様子を撮影したビデオを公開した。犠牲者はシリア軍人だ。

    デイリーメールによれば、シリアのホムス州での処刑。イスラム主義者に選挙された古都パルミラの部隊を指揮していた将官(名前は不明)と見られる。

    イスラム国はしばしば子供や未成年に捕虜の処刑を強要している。これまでは銃殺だったが、今回のビデオではナイフで首を切り落としている。見たところ、少年は10歳以下で、迷彩服を着込み、頭には黒いバンドを巻いている。

    捕虜は地面に寝かせられる。少年がその髪をつかみ、喉を切り裂き、のち、頭部を切断する。少年の行動を大人のテロリストが監視している。この人物がカメラに対して次の脅迫を行う。「標的はパルミラ、ホムス、ダマスカスにとどまらず、もし神がそれを意思するならば、エルサレムやローマにも及ぶ」。

    トピック
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
    タグ
    シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント