08:05 2018年07月22日
米国のカーター国防長官

米国防総省「イランとの合意が同国への武力行使の可能性を無くすものではない」

© REUTERS / Yuri Gripas
中東
短縮 URL
309

「イランの核プログラムに関する合意は締結されたが、もしテヘラン当局が核爆弾を開発するのなら、イランに対する武力行使の可能性がなくなったわけではない。」日曜日、中東歴訪中のカーター国防長官は、このように指摘した。

カーター長官は、イスラエルに向かう飛行機の中で記者団に対し、次のように発言した-

「理由の一つは、この合意が良いものであるからで、それは軍事的バリエーションの阻止を規定していない。我々は、イランが合意の諸条件に反した場合に取る行動や軍事的解決法を今も保っているし、常に改善している。」

先に新聞「Wall Street Journal」は、米国政府が、イランとの合意をめぐりアラブ諸国を含め同盟諸国が懸念を明らかにしていることを背景に、彼らに統一的な対ミサイル防衛システム創設において、追加的な援助を与える可能性があると報じた。

同紙のホワイトハウス内の消息筋によれば「現在米国は、ペルシャ湾岸のアラブ諸国への武器供給を加速化する可能性の模索に特別な注意を割いており、それらの国々に統一的な対ミサイル防衛システムを創設するプランの遂行を、これまでよりも積極的に進める意向だ」との事だ。

 

タグ
イラン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント