10:22 2020年11月24日
中東
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシアはイランへの供給を目指し、地対空ミサイル複合体S-300の改良を行っている。

軍事技術協力担当大統領補佐官ウラジーミル・コジン氏は、イランは新式地対空ミサイル複合体S-300を受け取る、と述べた。

コジン氏によれば、2007年の両国合意以来、同兵器は古びた。ゆえに、イランのために特別に改良をほどこすことにしたのだという。

S-300改良の詳細ないし供給時期は示されなかった。

5月、イランは工場から直接ロシアの地対空ミサイル複合体を受け取る、と報じられた。価格は為替変動によって変わる、とのことだった。

4月、プーチン大統領は、イランへのS-300販売禁止を解除した。

禁止は2010年、当時のメドヴェージェフ大統領が、イランへの殺傷兵器供給制限に関する国連決定との関連で、導入した。

関連:

「イランへのS-300 禁輸解除でプーチン大統領は再び オバマ大統領に勝利」 ーユーザー達の見方
プーチン大統領、イランへのS-300ミサイルシステムの禁引渡しを解除
タグ
S-300, ロシア, イラン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント