02:25 2019年07月20日
米国:我々の訓練したシリア反体制派は武器をイスラム過激派に渡している

米国:我々の訓練したシリア反体制派は武器をイスラム過激派に渡している

© AFP 2019 / Ahmed Deeb
中東
短縮 URL
0 111

米軍に訓練されたシリア反体制派戦士らは武器・弾薬をアルカイダ傘下のイスラム過激派「アル=ヌスラ戦線」に渡している。米軍中央軍のパトリック・ライダー報道官の言葉としてロイターが伝えた。なお、「アル=ヌスラ戦線」はロシアでは活動を禁止されている。

米国防総省の情報では、「新シリア軍」所属の戦士らは「アル=ヌスラ戦線」に制圧されている地域を安全に通行するために与えられたピックアップトラック6台を弾薬ごとイスラム過激派に明け渡した。「これが事実なら、シリア反体制派への訓練・武器支援協定への違反だ」とライダー氏は語る。

9月23日、「トルコの訓練場で米軍から訓練を受けたシリア反体制派戦士らがアルカイダに寝返っている」との情報が流れた。米軍中央軍はこの情報を即日、否定した。

シリア戦士訓練プログラムは米国が有志連合に連なるトルコやヨルダンと共同で行っている。国防総省によれば、9月19-20日、訓練を終えた戦士70人がシリアに帰還した。この戦士らは有志連合の指揮下に入らず、イスラム過激派側の戦列に加わるという。

タグ
戦争・紛争・対立・外交, シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント