02:03 2018年05月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 20°C
    タリバン アフガン北部の州都を掌握 米軍が拠点を空爆

    タリバン アフガン北部の州都を掌握 米軍が拠点を空爆

    © AFP 2018 / Noorullah Shirzada
    中東
    短縮 URL
    0 07

    アフガニスタン治安部隊が29日、米軍支援のもと、28日に反政府勢力タリバンに掌握されたアフガン北部クンドゥズの奪還作戦を開始した。

    アフガニスタン国防省は、「クンドゥズに新たな部隊が到着し、作戦が開始された」と発表した。ロイター通信が伝えた。

    NATO主導部隊の代表者は、「米軍は、NATO主導部隊とアフガニスタン軍への脅威を排除するために、クンドゥズにある戦闘員の拠点を攻撃した」と発表した。

    アフガニスタン北部クンドゥズ州の州都クンドゥズは、人口30万人のアフガンの大都市の一つ。タリバンは28日、クンドゥズの州議会、高等和平評議会、病院などを占拠したほか、刑務所も襲撃し、受刑者を脱走させた。

    目撃者たちによると、タリバンは、町の中心広場を含む複数の場所にタリバンの旗を掲げた。またタリバンがクンドゥズに通じる全ての道路を封鎖したため、住民たちは町から出ることができないという。

    タリバンは4月末、アフガン政府が和平交渉を再開しようとしているにもかかわらず、大規模な攻撃を開始した。

    タリバンがこれほど大規模な攻撃を行ったのは、NATO主導国際治安支援部隊(ISAF)の任務が終了してから初めて。

     

    関連:

    アフガニスタンでM5.9の地震
    ドイツ外交官:米国はアフガニスタンへの核攻撃を検討した
    オバマ大統領はアフガニスタンとの協力を約束するが、「イスラム国」は攻め込む
    アフガニスタンの政治学者:「アフガニスタンにおけるISプロジェクト」は、西側の演出
    タグ
    タリバン, アフガニスタン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント