18:09 2017年09月26日
東京+ 27°C
モスクワ+ 11°C
    赤十字、国連、露外務省 アフガンでの病院空爆を非難

    赤十字、国連、露外務省 アフガンでの病院空爆を非難

    © AP Photo/ Médecins Sans Frontières
    中東
    短縮 URL
    3496130

    赤十字国際委員会(ICRC)は、アフガニスタンのクンドゥズで国際組織「国境なき医師団」の病院が攻撃されたことに憤りを表した。ICRCがツイッターで発表した。

    先に、国連人権高等弁務官のゼイド・ラアド・ゼイド・アル・フセイン氏は、クンドゥズで起こった悲劇を、正当化できない戦争犯罪だと指摘した。

    ロシア外務省も、この事件に反応した。ロシア外務省のサイトには、同省のザハロワ報道官のコメントが掲載された。ザハロワ氏は、次のように指摘している― 「当惑を引き起こしているのは、攻撃の可能性を未然に防ぐために、正確な座標が国際的な連合軍に伝えられていたにもかかわらず、攻撃が行われたということだ。『国境なき医師団』の声明によると、攻撃が行われた時、病院には過激派組織の戦闘員はいなかった」。

    ロシア外務省は、「このようなことは今回が初めてではない。アフガニスタンでは、米国が無差別に兵器を使用して、一般市民が命を落としている」と指摘した。

    タグ
    事件, 国連, アフガニスタン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント