15:00 2018年08月22日
シリア領内にロシアの最新鋭対電子戦用システム「クラスハ4」

シリア領内にロシアの最新鋭対電子戦用システム「クラスハ4」

© Sputnik / Dmitriy Vinogradov
中東
短縮 URL
0 330

ロシア軍は、無人機による攻撃や航空機のレーダーに対抗するため、電子戦用移動ステーション「クラスハ4」をシリア国内で使用している模様だ。

「クラスハ4」に似た移動ステーションが、ロシア軍のTV「ズヴェズダー(星)」で放映された。画像は、シリアのフメイミム空軍基地にロシアのスホイ25型機が着陸する様子を撮ったものだが、その背景に「クラスハ4」に特徴的なアンテナ装置のある軍用車が映っている。

対電子戦用に使われる最新鋭の移動ステーション「クラスハ4」は、ブリャンスクで製造されているもので、偵察機や無人機、航空機搭載レーダーに対抗できる能力を持っている。

これに先立ち月曜日、新聞「The Financial Times」は、シリアにおけるロシアの活動の積極さは、この国に飛行禁止ゾーンを設けようとする米国の計画実現を阻んだ、と報じた。

タグ
武器・兵器, ロシア軍, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント