23:14 2019年12月06日
シリア作戦でロシアが使う爆弾は?

シリア作戦でロシアが使う爆弾は?

© Sputnik / Dmitriy Vinogradov
中東
短縮 URL
0 260
でフォローする

シリアでの作戦でロシア空軍は広範な範囲をカバーする爆弾と、様々な複合的な課題を遂行するミサイルを使用している。ラジオ「スプートニク」はロシア空軍が主として用いる様々な兵器を集めてみた。

高精度爆弾として使われているのは誘導爆弾(KAB)の刷新バージョンのKAB250とKAB500。これは2000年代にPAK FA(パクファ)第5世代戦闘機用に開発されたもの。

KAB-500S
© Sputnik / Dmitriy Vinogradov
KAB-500S

テロリストらの地下防空壕や倉庫の破壊にはコンクリート貫通爆弾のBETAB500や破片爆弾OFAB250が用いられている。

航空ミサイルでは高精度Kh25L(NATOコードネームはAS-10 Karen)とKh29L(NATOコードネームはAS-14 Kedge)が使われている。

Kh-25ML
© Sputnik / Dmitriy Vinogradov
Kh-25ML

ミサイルのナビゲーションはオペレーターのマニュアル操作で行なわれている。高精度爆弾はロシア版のGPSである衛星測位システム「グロナス」から信号を受けて発射されている。

タグ
武器・兵器, ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント