05:48 2018年02月22日
東京+ 3°C
モスクワ-10°C
    APがすっぱ抜き、「国境なき医師団」病院は誤爆ではない

    APがすっぱ抜き、「国境なき医師団」は誤爆にあらず、米軍はあらかじめ熟知

    © AFP 2018/ Wakil Kohsar
    中東
    短縮 URL
    22710

    アフガニスタンのクンドゥズで「国境なき医師団」の病院が米軍に攻撃される数日前、特殊作戦にあたっていた米国人アナリストらは、病院施設についての情報を収集していた。AP通信が報じた。

    AP通信の報道によれば、アナリストらは病因に関する資料も、病院が記載された地図も入手していた。諜報部からの情報では、この病院は国際テロ組織「タリバン」の司令部によって管理センターとして使われており、武器が保管されている可能性があるとされていた。

    専門家らは攻撃を正当化し、司令部にテロリストらは殲滅されたと報告している点は特筆に価する。

    米国防総省の公式的な代表者らはこの情報を否定している。

    これまでの発表では、タリバンは地元民を死亡させないためにクンドゥズから後退していたとされている。

    タグ
    事件, アフガニスタン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント