22:57 2018年06月21日
イスラエルのネタニヤフ首相

イスラエル首相、パレスチナと交渉の構え

© AP Photo / Gali Tibbon
中東
短縮 URL
215

イスラエルのネタニヤフ首相はパレスチナ自治共和国のマフムード・アッバス大統領と会談の構えを表した。ネタニヤフ首相は米国の仲介によるこうした首脳会談が、中東紛争ゾーンで現在多発している暴力事件を食い止める一助になる可能性も除外していない。

イスラエルでは1ヶ月間に23件の襲撃事件が起きており、その結果、8人のイスラエル人が死亡、70人が負傷している。イスラエルはこうした事件をテロ行為と認定。一方でアラブ側の犠牲者の数も30人を超えており、そのうち半数がイスラエル人への襲撃の際に殺害されている。

ネタニヤフ首相は外国のプレス向けの記者会見で、状況正常化の仲介役を務めるため中東を訪問するというケリー米国務長官の発案に肯定的な反応を見せた。ケリー長官は訪問でネタニヤフ首相とパレスチナ自治共和国のアッバス大統領、およびヨルダンのアブドゥッラー2世との会談も組織する構え。

タグ
パレスチナ, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント