12:11 2018年06月24日
スホイ30戦闘機

先日ロシアがイラクに供与したスホイ30 すでに「IS」拠点を空爆

© East News / Zheng Huansong
中東
短縮 URL
0 240

ロシアはイラクに、戦闘機スホイ-30型機を供与したが、すでに「IS(イスラム国)」戦闘員の拠点に空爆を加えた。イラクの複数のマスコミが、イラク軍プレスセンター(MWC).の情報を引用して伝えた。

MWCのデータによれば、スホイ-30は、イラク北部サラーフッディーン州の「IS」戦闘員の潜伏基地3ヶ所、モスルに向かっていた車列を殲滅した。

この情報には、イラク軍のマークの入ったスホイ-30型機の写真がつけられている。

イラク空軍がスホイ-30を入手したという情報は、初めて伝えられたものだ。

それによれば、イラクの国内状況が困難なことと関連して、ロシア政府は、スホイ-25攻撃機、ヘリコプター「ミル28НЭ」及び「ミル35」,大型火炎放射システムТОС-1А「ソンツェピョーク」、地対空ミサイル・システム「パンツィリ- С1」、移動型地対空ミサイル・システム「ジギト」、各種砲撃システム及び付属弾薬、地雷撤去装甲車БРМ-3М「ヴェプリ」を緊急供与した。

先にロシアのウラジーミル・コージン大統領補佐官は「ロシアはイラクとの軍事技術協力を継続するだろう」と述べ、その総額について、数億ドル規模と伝えていた。

 

タグ
ロシア, シリア, イラク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント