19:56 2017年11月22日
東京+ 9°C
モスクワ0°C
    過激派組織「イスラム国」

    イラク軍 IS戦闘員の集団墓地を発見

    © Flickr/ Enno Lenze
    中東
    短縮 URL
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
    0 1825120

    イラク軍は、テロ組織「IS(イスラム国)」から奪還したイラク北部バイジの集団墓地9か所で、IS戦闘員365人の遺体を発見したと発表した。AFP通信が報じた。

    先に、イラク軍がバイジの他、北部サラ・アルディン州のアス・サイニヤ、シャウィシ、アル・ハナシをISから奪還したと伝えられた。

    イラク軍の声明では、バイジのアスリ地区で集団墓地19カ所を発見し、そこでIS戦闘員365人の遺体が見つかったと指摘されている。

    なおAFP通信によると、遺体が埋められた時期や、イラク軍がどのようにしてIS戦闘員であると確認したのかは明らかにされていない。

    トピック
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)

    関連:

    IS戦士はロシア空軍の空爆を避け、ひげを剃り、トルコに逃げている
    国防省:ロシアのシリアにおける空爆はピンポイントであり、ISを標的としたもの
    国防省、IS拠点へのピンポイント爆撃の模様を公開(動画)
    「シリアでのロシアの行動は全世界の利益に答えるもの」IS攻撃への専門家、外交官らの反応
    タグ
    イラク
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント