13:02 2018年11月19日
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦

シリアの軍事作戦、3週間を総括

© Sputnik / Dmitriy Vinogradov
中東
短縮 URL
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
3300

3週間前の9月30日、ロシア議会上院(連邦会議)は大統領に対し、シリアにおけるロシア軍の使用を認めたが、文字通りこの日、ロシアの軍事作戦に対する西側の騒ぎは開始された。

プーチン大統領は軍事作戦について、シリア軍が攻撃を続けている間は終了しないことを明言している。アサド大統領の率いるシリア軍ならびにその連合国の空爆が数々の成功を収め、占拠されていた居住区が解放され続けている現実を考慮すると、サイトpolitrussia.comは戦闘行為は未だピークの状態にあると書いている。

大統領はこの3週間の中間報告を行ったが、報告はシリアにおけるロシア航空宇宙軍の空爆作戦がいかに成功しているかを示すものとなった。
作戦の結果:

ロシア国防省の毎日の報告に基づくと、ロシア軍はこの間におよそ878回の出撃を行い、26基の巡航ミサイル「カリブルNK」を発射し、751箇所の標的を破壊した。

殲滅された標的の内訳:

— 司令部 97 箇所

— 弾薬庫 58 軒

— テロリスト養成キャンプ 120 箇所

— 備蓄基地 157 箇所

— 武装戦闘員特別訓練センター

— 自爆テロリスト養成センター

— 戦車 52 台

— 歩兵戦闘車 48 台

— 装甲兵員輸送車 37 台

— マルチロケットランチャー 6台

— 自動車 59 台

— この他、多数の工場、工房

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
タグ
ウラジーミル・プーチン, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント