03:18 2017年09月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 11°C
    シリア軍、ハマ近郊で「アル・ヌスラ戦線」司令官を殺害

    シリア軍、ハマ近郊で「アル・ヌスラ戦線」司令官を殺害

    © AFP 2017/ AMC / FADI AL-HALABI
    中東
    短縮 URL
    0 1070250

    シリア軍はシリア北東部のハマ近郊でテロ組織「アル・ヌスラ戦線」の指導者の1人、アリ・アットゥルキ氏を殺害した。スプートニクが伝えた。

    「ムハッジルの名で知られる司令官アリ・アットゥルキ氏が殺害された。彼はトルコ人だった」とのこと。

    先にシリア軍はアレッポ近郊で「アル・ヌスラ戦線」の幹部、エジプト人のアブ・スレイマン・アル・マスリ氏を殺害したことを発表していた。スプートニクによれば、同氏はタル・アル・カルサニ村における軍事作戦で殺害された。

    テロ組織「アル・ヌスラ戦線」はシリアにおけるアルカイダの支部であると考えられている。

    タグ
    アルカイダ, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント