13:00 2018年11月19日
シリア反体制派はロシアと交渉すべきか否か自ら決めることが出来ない

シリア反体制派はロシアと交渉すべきか否か自ら決めることが出来ない

© AP Photo / Virginie Nguyen Hoang
中東
短縮 URL
1180

「自由シリア軍」組織者の1人でシリアの「国民救済グループ」の調整役、ファハド・アル・マスリ氏は、シリア危機解決に関する交渉をカイロで行うことをロシアに提案した。しかし「自由シリア軍」系列の別の組織のリーダーは、「自由シリア軍」にはロシアの支援は必要ない、と述べている。

マスリ氏は次のように述べた。「『自由シリア軍』はロシアとの対話に前向きだ。我々の立場を表明し、共同行動を討議するためには、新たな会談が必要だ。ロシアが『自由シリア軍』にどのような支援を施し得るか、会談の中で策定したい」。リア・ノーヴォスチが伝えた。

一方「自由シリア軍」系列の別の組織のリーダー、ファレス・バイシュ氏は、反体制派にロシアの支援は要らない、と述べている。こうした環境ではロシアとシリア反体制派の協力推進について話し合うのは困難である。

ラヴロフ外相は24日、ロシア第1テレビのインタビューで、ロシア空軍にはシリア反体制派を支援する用意がある、と述べた。「重要なのは、テロと戦うあらゆる武装グループの権威ある代表者と連絡をつけることだ」とラヴロフ外相。

タグ
シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント