04:01 2018年11月13日
「国境なき医師団」に今だ連合軍からイエメンの病院空爆に関する説明なし

「国境なき医師団」に今だ連合軍からイエメンの病院空爆に関する説明なし

© AP Photo / Hani Mohammed
中東
短縮 URL
2212

国際人道組織「国境なき医師団」がイエメンで運営している病院を、サウジアラビアを筆頭とする連合軍が空爆したが、この事件について、今だ連合軍側から組織に対し、公式的な説明が届いていない。「国境なき医師団」パリ・オフィスのロラン・スリ。

代表は、リア-ノーヴォスチ通信のインタビューに答え、次のように伝えた―

我々にはすでに、いくつかの連合国の代表者が非公式に接触してきた。我々は、彼らに、起こった事を話した。今我々は、しかるべき返答を待っているところだ。

イエメンでの出来事を調査するための独立委員会召集を求めるかどうかについては、サウジアラビアを筆頭とする連合軍からの説明を受け取った後、決める事になるだろう。」

イエメン北西部のサダー県のヒダン地区にある「国境なき医師団」が運営する病院は、月曜日の夕方、空爆を受けた。その時、病院内には患者と職員がいた。爆撃したのは、サウジアラビアが率いる連合軍だと見られている。

国連の潘基文事務総長は、空爆を非難し、迅速に効果的で公正な調査に取りかかるよう求めた。

関連:

米軍、クンドゥズ「国境なき医師団」の今度は門を「誤って」撤去
APがすっぱ抜き、「国境なき医師団」は誤爆にあらず、米軍はあらかじめ熟知
岸田外相 米国による「国境なき医師団」の病院への空爆を非難
「国境なき医師団」ロシアに対し病院空爆調査委員会創設を要請
タグ
イエメン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント