17:26 2017年11月18日
東京+ 12°C
モスクワ+ 2°C
    シリアのホムス市、難民移送センターがテロリストらに破壊

    シリアのホムス市、難民移送センターがテロリストらに破壊

    © Sputnik/ Andrey Stenin
    中東
    短縮 URL
    0 1053018

    シリアのホムス市近郊で武装戦闘員の発射した迫撃砲によって難民移送センターが破壊された。死者の数は現在確認中。シリア軍のアブドゥラフ・アユブ参謀本部長がリアノーボスチ通信に対して明らかにした。

    「ホムス市郊外のタイル・マアリャ地区でテロリスト集団『アフラル・アシ・シャム』の武装戦闘員らの迫撃砲による集中的な攻撃が行われた結果、難民移送センターが破壊された。犠牲者が出ているが、その数は現在確認中。少なくとも6発の手製のフガス迫撃砲弾の命中が確認されている。」

    アユブ参謀本部長は、テロリストらが政府軍の陣地を攻撃する際にあてずっぽうに弾を発射し、民間の施設を攻撃してしまう例が続いていると語っている。

    タグ
    移民, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント