09:54 2018年11月15日
米国、ISと戦う反体制派の訓練のためにシリアに最大50人の軍人を派遣

米国、ISと戦う反体制派の訓練のためにシリアに最大50人の軍人を派遣

© AP Photo / Jim Macmillan
中東
短縮 URL
2319

米国はシリアに最大50人の特殊部隊員を送り込み、「イスラム国(IS)」と戦う戦士を訓練する軍事顧問役を務めさせる計画だ。訓練対象は米国の規定するところの「穏健」反体制派。すぐに次の疑問がわく。穏健派とは誰の事だ?先日米国防総省は軍事訓練プログラムを中止したばかりだ。中止の理由は、訓練の対象になり得るような反体制派戦闘員を十分数見つけることが困難だ、ということだった。米大統領府は次のように述べている。

「彼らはシリアの反体制派戦闘員に対しある種の支援を送り、訓練、助言を行う」。大統領府のアーネスト報道官が発表した。

国防総省のマイケル・マルフ元分析官によれば、これは米国が、自分が一体なにを最終目標に置いて行動しているのか理解していないということの証左の一つである。「むろん彼らはシリア政府と行動を調整したりもしない」と同氏。

先週イラクで捕虜の解放の際に米国軍人が一人死亡した。

大統領府によれば、クルド人が主導する作戦中の事故だった。米兵らは「付近に」いただけだったという。多くの人が、それは詭弁だ、と見ている。

しかし、その課題のいかんによらず、米軍のイラク駐留とシリア駐留は別個の問題である。何しろシリアへは、アサド政権の招きなしに米兵が派遣されているのだ。

「シリアに兵を送る、とは言うが、米国はその行動をシリア政府と調整してはいない。米国は単に、自ら必要と考えるところのことを行う。アサド政府の許可も、国連の委任もなしにだ」とマルフ氏。
いずれシリア軍との直接的な交戦が始まるかもしれない。シリアの地上および空中でISと戦うすべての戦力が十分な調整のもとに行動していけるのかどうか、相互に衝突せずに済むかどうか、予断は許されない。

関連:

ロシア軍、シリアで強力な爆弾KAB-1500を使用
シリア正常化交渉、数週間内の停戦で合意
シリアにおける米露の最大の目標は共通しているー駐露米国大使
シリア、1600箇所を超すIS施設、露航空宇宙軍が1月で殲滅
タグ
シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント