00:29 2017年08月17日
東京+ 22°C
モスクワ+ 24°C
    F-15戦闘機

    露米の戦闘機 シリア上空で対面?

    US Air Force / Senior Airman Matthew Bruch
    中東
    短縮 URL
    対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
    0 1944726

    米国は、シリア上空で米国の爆撃機や攻撃機の活動を援護するために、トルコ南部のインジルリク空軍基地にF-15戦闘機を最大10機派遣する。ニュースサイト「デイリー・ ビースト」が、米国防総省のシール報道官の声明を引用して伝えた。

    報道官は、「空対空」ミサイルを搭載する米国の戦闘機について、その具体的な任務を明らかにするのを拒否したものの、「私は、これがロシアと関係していないとは言っていない」と指摘し、米国防総省は先週、米国のNATOの同盟国の「安全を確保する」ために、F-15戦闘機「イーグル」とA-10攻撃機をトルコの空軍基地に配備すると発表した、と述べた。

    一方で「デイリー・ ビースト」は、F-15戦闘機は、「IS(イスラム国)」とシリア政府軍の接触ライン近くにあるISの標的や、ロシア空軍の活動範囲にあるISの標的に対してく空爆が行われる時に、攻撃機や爆撃機に付き添うのではないかとの見方を示し、F-15の重要任務は、「ロシア人を追跡」することかもしれないと指摘している。

    トピック
    対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
    タグ
    NATO, シリア, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント