00:58 2021年01月23日
中東
短縮 URL
0 214
でフォローする

10日、シリア北西部の地中海に面した都市ラタキアの主要な港がミサイル攻撃を受けた。これにより少なくとも23人が死亡、65人が負傷している。リアノーボスチ通信が現地警察の消息筋からの情報を引用して伝えた。

「武装戦闘員らは2基の自作ミサイルを発射し、1つはアウカフ地区に、もうひとつはバス・ステーション『スビロ』付近に落ちた」

目撃証言によればミサイルはラタキア郊外から発射されている。ミサイルは大学の正門から600メートルほどの場所に落下。この近くに州の警察の陣地がある。爆発によって車と歩行者が犠牲となった。

タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント