17:53 2017年11月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 1°C
    露外務省、ISがシリア、イラクで化学兵器使用の事実を発表

    露外務省、ISがシリア、イラクで化学兵器使用の事実を発表

    © Sputnik/ Pavel Lisitsin
    中東
    短縮 URL
    2571126

    ロシアは「IS(イスラム国)」および中東のほかのテロ集団がシリアおよびイラクで化学兵器をより頻繁に使用している事実をつかんでいる。

    ロシア外務省のザハロヴァ公式報道官は、12日、モスクワで開かれたブリーフィングのなかで、「数多くのデーターに照らすと、ロシアでは活動が禁止されたISおよび中東における他のイスラム急進主義組織らは、少なくとも原子的な条件下で化学兵器を製造するための材料と技術を実際に入手しており、これをシリアおよびイラクでより活発に使用し始めている」と語った。

    関連:

    仏議員、「シリアにおけるロシアの行動で西側連合軍の不振が露呈」
    マスコミ報道、シリアについて多方面の代表者会議が14日、ウィーンで
    シリア、ロシア航空隊が2昼夜でテロリストの277の施設を空爆
    シリア軍、クヴェイリス空港の2年以上の封鎖を解く
    シリア、ラタキヤ市中心に武装戦闘員のミサイルが落下(ビデオ)
    タグ
    シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント