10:04 2017年02月26日
東京+ 9°C
モスクワ-4°C
    シリア

    マスコミ:ロシアが巡航ミサイルでシリアにあるISの本拠地を攻撃

    © Sputnik/ Dmitriy Vinogradov
    中東
    短縮 URL
    3902160

    17日午前、地中海に展開するロシアの艦艇から巡航ミサイルが発射され、シリアにおけるテロ組織「IS(イスラム国)」の本拠地とされているラッカの町が攻撃された。フランス紙「ルモンド」が報じた。

    「ルモンド」によると、17発のミサイルがトルコ上空を通過した。

    なおロシア国防省はまだこれについてコメントしておらず、情報も確認していない。

    プーチン大統領は16日にクレムリンで開かれた安全保障会議の会合で、シリアでの空爆を強化するよう求めた。

    またフランス軍参謀本部は、16日夜から17日未明にかけて、フランス空軍が、シリアのラッカでISに対して過去24時間で2回目の空爆を実施したと発表した。参謀本部によると、ISの訓練施設や司令部が破壊された。

     

     

    タグ
    シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      rumi suzuki
      ロシアはフランスの空爆がどのよに行われてるか、確認してるんでしゅかね??
    • avatar
      catss4
      多くの国が、偽テロ事件で、空爆をするようになると、
      ISの拠点なのか、そうでないのかよりも、
      ロシアの空爆を非難するマスコミプロパガンダが
      あるだろうと心配。
      そうならないことを祈ります。
    • 稲美 弥彦
      ロシアはISISを着実に潰しているが、英米仏は逆に支援していそうだから、24時間もかける可能性が高い。
    新しいコメントを読む (0)