10:06 2017年11月18日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    アサド大統領:ウラジーミル・プーチン氏はキリスト教文明の唯一の擁護者

    アサド大統領:ウラジーミル・プーチン氏はキリスト教文明の唯一の擁護者

    © Sputnik/ Aleksei Druzhinin
    中東
    短縮 URL
    11734312

    シリアのアサド大統領は、フランス紙「ヴァリー・アクチュエル」のインタビューで、大統領の座を退く可能性について検討するのは、シリア国民と議会が望んだ場合のみだと述べた。

    アサド大統領は、国際会議でもこの問題は提起されなかったと指摘し、「私の退陣の問題は、シリアの国民と議会の要望にのみかかっている」と述べた。

    またアサド大統領は、ロシアのプーチン大統領について、キリスト教文明の唯一の擁護者だと考えていると指摘し、「世界情勢について考える時、私は、ウラジーミル・プーチン氏が、キリスト教文明の唯一の信頼できる擁護者であることを理解する」と語った。

    タグ
    ウラジーミル・プーチン, ロシア, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント