04:32 2018年11月19日
ヨルダン国王、ISを第3次大戦を開始したと非難

ヨルダン国王、ISを第3次大戦を開始したと非難

© AP Photo / Alexander Zemlianichenko
中東
短縮 URL
「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
0 49

ヨルダン国王のアブダラ2世は「IS(イスラム国)」のテロリストらは全人類を相手に第3次世界大戦を起こしたとしてこれを非難し、国際社会に対してこの脅威と戦うため即刻尽力を結集させるよう呼びかけた。AFP通信が報じた。

「我々は今、人類を敵に回した第3次世界大戦に直面している。そしてこれが今、我々をひとつに結束させている。」アブダラ2世はコソボ訪問を前にこうした声明を表した。

アブダラ2世はIS武装戦闘員らを人間らしさをなくした「野蛮なならず者」と名指しで非難し、ISに対抗することはイスラム教内部の戦争であり、イスラム教徒を狂信者へと変貌させることを望む者らとの戦いだと強調している。

アブダラ2世は、「それが中東だろうと、アフリカ、アジア、欧州だろうと、大陸間に横たわる脅威を撃退するため、迅速かつ断固とした行動をとらねばならない」と語っている。

トピック
「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント