08:20 2018年11月17日
Tu-95MS

ロシア領内からシリアのIS拠点へ、巡航ミサイル発射

© Sputnik / Anton Denisov
中東
短縮 URL
1270

モスクワ時間で19日9時から9時20分までの間、ロシア領内から戦略ミサイル運搬機ツポレフ95MSがシリアのアレッポおよびイドゥリブ両県の「IS(イスラム国)」の拠点に向け、12基の空中発射巡航ミサイルを発射。

モスクワ時間で16時40分から17時30分、長距離爆撃機ツポレフ22M3艦隊によってラッカおよびデイル・エズ・ゾルの両県にあるISの6つの拠点に集中攻撃が行われた。

これらの攻撃の結果、6箇所の総司令部、石油製品および武器弾薬の倉庫3箇所、爆発物の生産工場、司令部、迫撃砲の生産修繕工房のほか大型の石油複合体3箇所と石油汲み移しステーションが破壊されている。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント