10:19 2020年10月27日
中東
短縮 URL
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
8762
でフォローする

ロシア空軍はシリア・イラクの軍による対「イスラム国(IS)」作戦への支援について、決定的な役割を演じた。もはやISには数十しか基地が残っていない。地元メディアが報じた。

ロシア空軍の加勢を受けたシリア・イラク軍はISへの攻勢を強めている。

「現在ISにはモスル、ラッカなどにわずか34か所しか基地がない。以前はこの2倍もあった」。イラクの情報通信社を経営するムハメド・アリ・アル=ハキム氏はそう述べている。

氏によれば、ISは近い将来、ついに完全に瓦解する可能性がある。「西側が生み出したISの終わりは近い」と同氏。

アラブのテレビ放送「アル=マイアジン」によれば、IS戦闘員らは南部のエル・ハサカにあるアル・シャッダダからデイル・エズ・ゾルへと家族や重火器を移している。

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
タグ
シリア, イラク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント