20:54 2017年08月20日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    ロシア黒海艦隊のスホイ24

    ロシア国防省:ロシア軍はISの石油インフラに大損害を与えた

    © Sputnik/ Ramil Sitdikov
    中東
    短縮 URL
    対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
    0 2032290

    ロシア空軍は5日の間にシリアで「イスラム国(IS)」の工場に原油を運んでいた燃料トラック1000台余りを破壊し、テロリストらの石油保管庫、石油加工工場を爆破した。月曜、ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官が記者らに明かした。

    「フメイミム基地を本拠地とするロシアの爆撃機はシリア北部および東部の油田地帯で燃料トラックの車列や石油加工工場を爆破するという軍事目標を達成した。ロシア空軍機はこの5日でISが管理する工場へ原油を輸送していた燃料トラック1000台以上を破壊した」とコナシェンコフ氏。

    例えば、偵察飛行のさい、ISの「首都」ラッカ周辺で、ISが管理する油加工工場へ原油を輸送する燃料トラックの車列が2本発見された。Su-34の攻撃で、自動車80台が破壊された。

    ロシア空軍はこの2日間にもラッカ周辺の大きな石油保管庫や石油加工工場を破壊した。「ラッカ南西15kmの地点で大型のを破壊した」とコナシェンコフ氏。さらにラッカ南郊50kmの地点でSu-34の爆撃により、ISが管理する石油加工工場が爆破されたという。

    トピック
    対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
    タグ
    シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント