10:05 2017年02月26日
東京+ 9°C
モスクワ-4°C
    トルコ首相「我々はロシア政府との関係断絶を望んではいない」

    トルコ首相「我々はロシア政府との関係断絶を望んではいない」

    © REUTERS/ Umit Bektas
    中東
    短縮 URL
    トルコ国境付近でロシアのSu24が墜落 (116)
    83801536

    「トルコ政府は、ロシアを自分達の友人であるとみなしており、スホイ24撃墜事件後も、ロシアとの関係断絶を望んでいない。」ダウトオール首相は、自ら率いる与党公正発展党の議会内会派の会合で、このように述べた。

    ダウトオール首相は、次のように発言した―

    「今回の事件後に、ロシアとの関係を断絶したり、緊張関係に入ったりするつもりは、我々にはないし、あり得ない。ロシアは、我々の友人であり隣人であり、大変重要なパートナーである。二国間関係が犠牲になるような事はない。現在我々のもとでは、あらゆる交流チャンネルが開かれており、我々は互いにそうしたものに大きな意義を与えている。しかし、特に強調したいが、いかなる友好関係も、国家の安全保障面においては、それぞれの国が自分の領土を擁護する権利を互いに尊重して初めて成立するものである。」

    トピック
    トルコ国境付近でロシアのSu24が墜落 (116)
    タグ
    ロシア, トルコ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      ロシアのトルコ領空“侵犯”は、トルコが国境を“移動した”せい
      シリアのロシア航空機が“トルコ領空を侵犯”と通信社は現在伝えている。しかし、より早い時期の報道は、この主張は間違っている可能性があり、アメリカが、トルコに、こうしたプロパガンダをするよう強要したのだ。

      ☆ いまだに、領空圏侵害というのは、最初の闇の計画を上からの指令で発信しているとしか思えない。あたかも、ウクライナの騒動が、ロシアに非があるといい続けるという、古いプロパガンダに徹しているようだ。
      日本からの指令とは、どこからくるのか? エイジェントというのは、ほぼ、2種類だろう、予想はつくが、ここでとめておく。

      トルコは、司法にかけてほしい。 また、日本の、領土の嘘も、司法にかけてほしい。
      偽の、友好ごっこでは、なんにもならない。
      ただ、エイジェント、工作員の仕事が続くだけになる。
    • avatar
      catss4
      しかし、闇側というのは、よくもぬけぬけと、最初から、NATOとの戦争へ
      ロシアを引き込もうとするものというのはみえみえであり
      友 などと言う言葉を、聞くと、気持ち悪い。

       ここにきてロシアはISの石油関連施設や燃料輸送タンカーを破壊、アメリカ軍も警告つきながら、攻撃を始めた。

      その石油を扱っている会社としてサウジアラビアのARAMCOやアメリカの会社でカタールに大きな影響力を持っているエクソン・モービルといった名前が挙がっているが、盗掘から業者まで運んでいるのがトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の息子が所有するBMZ社だと言われている。

      トルコのジェイハンからタンカーでイスラエルへ輸送し、そこで偽造書類を受け取ってEUで売りさばくという仕組みだともいう。ロシア軍やアメリカ軍の空爆でエルドアンは個人的にも厳しい状況に陥っている可能性が高い。
    • avatar
      hidea7889
      果たして本当に本心なのだろうか…
      じゃあ撃墜するな!何かしらの意図があったとしか思えない。
    • unimaro unimaro
      親の顔が見たい。
      失敗したなら反省しろ。
      反省しないで言い訳ばかり言い張る子供のしつけほど、親にとって悲しいモノはないぞ?
      幼稚園からやり直してこい。
    • avatar
      rumi suzuki返事としてhidea7889(コメントを表示するコメントを表示しない)
      本心は本心かもしれましぇんよ。
      本位ならずも、やらされたんじゃないでしゅかね??
      何か従わらずを得ない状況はあったんでしょね・・・ それを意図と言えば意図でしょけど。 早く正気になって白状してもらいたいでしゅね。
    • avatar
      blue-dragon
      【トルコ大統領息子がISIS原油密輸を担当 】
      richardkoshimizu.at.webry.info/201511/article_226.html

      「トルコには露軍機を撃墜する理由はなかったけれど、エルドアンにはあったようです。」

      ↓トルコ、エルドアン大統領の息子とISIS幹部の集合写真
      richardkoshimizu.at.webry.info/201511/img1_226.144849814058148753177.html
    新しいコメントを読む (0)