19:54 2018年06月24日
アサド大統領、シリアにおける空爆の違法性について西側諸国に思い出させる

アサド大統領、シリアにおける空爆の違法性について西側諸国に思い出させる

© 写真 : Ministry of defence of the Russian Federation
中東
短縮 URL
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
9451

シリアにおけるテロとの戦いに参加することが「合法的であり得るのは、シリアの合法政府と協力してそれがなされる場合に限られる」。アサド大統領が英サンデー・タイムスの取材で述べた。

「よって、西側諸国にはテロリズムにどうやって打ち勝つかについて、ビジョンもなければ、意欲もない」とアサド大統領。

また大統領は、ロシアの軍事作戦の効率性に言及した。ロシアはシリア、イラク、また自分自身、そして欧州をテロから守ろうとしているという。

「ロシアを見てほしい。彼らが対テロ連合の形成を望んだとき、まず何をしたか。彼らはシリア政府に相談した、ほかの誰でもなく!そのあとではじめて他国と交渉をしたのだ。そのあとで作戦を始めた。これこそ全世界におけるテロ対策の合法的な方法だ」とアサド大統領。

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)

関連:

マスコミ情報、シリア、ISのせいで死体捕食虫が大発生
「シリアでのロシア軍は何よりもまずロシアのために戦っている」プーチン大統領
英空軍 シリアで「DAESH(IS)」に初の空爆を実施
シリア自由軍の少将:我々はISとトルコが結んだ石油供給契約書を持っている
インタビュー、アサド大統領 シリア国内での戦闘員支援におけるトルコ及び他の国々の役割について述べる
タグ
ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント