03:56 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 14°C
    シリア外務省フェイサル・ミクダド次官

    自由シリア軍、シリア軍と同じ戦列でテロリズムと戦う可能性あり

    © Sputnik/ Mikhail Voskresenskiy
    中東
    短縮 URL
    1559160

    シリア政府は政府軍といわゆる「自由シリア軍」戦士らが、後者がシリア軍の戦列に加わり、政府への態度を完全に変えることを条件に、テロリズムに対する共同の戦いを行なう可能性を排除していない。リア・ノーヴォスチがシリア外務省フェイサル・ミクダド次官の言葉として伝えた。

    「我々は自らの立場を具体的に示した。もしすべての武器が主要な敵、つまりテロリズムに向けられるなら、その共同の戦いを歓迎しよう。武器を捨てさせ、平和な生活に戻らせるか、それとも軍の戦列に加わるかだ」とのこと。

    ミクダド次官は、シリア軍とともにテロリズムと戦うためには、彼らはまず市民の殺害や都市の破壊をやめ、誘拐した市民をその家族に返却する必要がある、と強調した。

    タグ
    シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント