21:58 2017年09月20日
東京+ 25°C
モスクワ+ 16°C
    有志連合 「ダーイシュ(IS)」の石油生産施設90パーセント破壊したと発表

    有志連合 「ダーイシュ(IS)」の石油生産施設90パーセント破壊したと発表

    © AFP 2017/ Youssef Karwashan
    中東
    短縮 URL
    62457181

    米国主導の反テロ国際有志連合は、シリアおよびイラクにあるテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国、ロシアで活動が禁止されている)」の石油生産施設90パーセントを破壊したと発表した。21日、テレビ「アス・スマリヤ」が報じた。

    国連安全保障理事会は17日、テロリストらの資金源遮断を目指す決議を採択した。特に、国連安保理の制裁リストに登録されている個人及び団体に対する資金凍結、入国や通過の禁止、武器の直接的または間接的供与の防止などが国連加盟国に義務付けられた。

    また国連安保理は加盟国に対し、各国領内で「ダーイシュ」や「アルカイダ」、その関係者への資金供与、また「石油や石油製品の直接的または間接的な取引」が広がることも防ぐよう呼びかけた。

    タグ
    石油, イラク, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント