03:00 2017年08月22日
東京+ 26°C
モスクワ+ 28°C
    ミス・イラク

    ミス・イラクの「セックス・ジハード」脅迫は事実無根

    © AFP 2017/ Ahmad Al-Rubaye
    中東
    短縮 URL
    0 99830

    ミス・イラクは「ダーイシュ(IS、イスラム国)」が自分に「セックス・ジハード」を強要しようとしているというアラブのマスコミ報道を否定した。

    ミス・イラクに選ばれたシャリメ・カッシム・アブデルラフマンさん(20)はラジオ「スプートニク」からのインタビューに対し、ダーイシュのテロリストからは性的奴隷や殺人などの威嚇を一切受けていないと答えた。
    「私は誰からも殺害などで脅迫されていません。」ミス・イラクはこう語っている。

    シャリメ・カッシムさんの公式代表およびミス・イラクコンテストの審査員を務めたシナン・カメリ氏も「スプートニク」からのインタビューに答え、「ミス・イラクは脅迫は一切受けておらず、マスコミやソーシャルネットに書かれているようなシャリメ・カッシムさんにあてたダーイシュからの脅迫は全て、根拠のない嘘」と語っている。

    これより前、アラブのマスコミは具体的な情報提供者の名前を挙げないまま、ダーイシュがミス・イラクに対し、いわゆる「セックス・ジハード」への従事を拒絶した場合、罰すると脅迫したというニュースを事実未確認のまま流布していた。

    キルクク出身のシャリメ・カッシムさんは12月19日にミス・イラク2015に選ばれたばかり。

     ミス・イラク
    © AP Photo/ Karim Kadim
     ミス・イラク
    タグ
    イラク
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント