11:52 2018年07月16日
タリバン

タリバンとダーイシュ(IS)はアフガンの3地域で影響力を争っている-国連特別代表

© AP Photo / Ishtiaq Mahsud
中東
短縮 URL
102

アフガニスタンで活動する過激派組織タリバンと、比較的最近同国に出現したダーイシュ(IS、イスラム国)は、同国の3地域への影響力をめぐり、直接的な競合関係にある。アフガニスタン担当国連事務総長特別代表ニコラス・ヘイソム氏が、リア・ノーヴォスチの取材に対して述べた。

ダーイシュはサラフィー主義(極めて原理主義的なアプローチをとるスンニ派の一派)のイデオロギーが普及しているアフガニスタン西部および東部で影響力を拡大しているという。

「タリバンとダーイシュの抗争が持ち上がった」とヘイソム氏。

「この1、2か月、ヘラート市(ヘラート州)ならびにザブール州、ナンガルハル州でそれが認められる」。

「どうやらタリバンとダーイシュは直接的な競合関係に入ったらしい」と国連事務総長特別代表。

タグ
国連, タリバン, アフガニスタン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント