00:09 2021年05月19日
中東
短縮 URL
0 11
でフォローする

国際団体「国境なき記者団」は、今年2015年に110人の記者が死亡したとの報告書を発表した。うち67人の記者は職務を遂行中に命を落としたり、報道活動に関連して殺害され、43人の記者の死亡状況と原因は不明だという。

「国境なき記者団」の報告書の中では、次のように述べられているー

「この憂慮すべき状況は、記者に対する意図的な暴力によるところが大きく、メディアで働く人々を保護するための取り組みが失敗したことを物語っている」。

記者が死亡した数が最も多かったのは、これまでと変わらずシリアとイラクで、3位は、今年1月に風刺週刊誌「シャルリーエブド」の本社が襲撃されたフランスだった。

また報告書によると、以前は記者の3分の2が戦闘地域で死亡していたが、今年は大多数の記者が平和な地域で命を落としたという。

なお昨年、職務を遂行中に死亡した記者は66人だった。

タグ
ウクライナ, シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント