13:39 2020年02月22日
中東
短縮 URL
390
でフォローする

国連の潘基文事務総長は、サウジアラビアで、イスラム教シーア派の著名な聖職者ニムル師を含め、47人が処刑された事に、深い憂慮の念を表明した。

また潘基文事務総長は、この処刑に対し自制と平静を保つよう求め、宗教指導者達に、宗派間の緊張が先鋭化するのを回避する努力を続けるよう要請した。事務総長はさらに、イランの首都テヘランのサウジアラビア大使館に対するデモ隊の行為に関し、遺憾の念を明らかにした。

2日、サウジアラビア内務省は、テロリズムと扇動行為の罪で47人の処刑を発表した。処刑された人達の中には、サウジアラビアにおける「アルカイダ」グループのリーダーの1人、ファリス・アズ-ザフラニの他、昨年死刑判決を受けた著名なシーア派聖職者ニムル師が含まれ、イスラム社会に大きなショックを与えている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント