18:14 2018年01月24日
東京+ 6°C
モスクワ-9°C
    イエメン

    アメリカの共同空爆によって子供を含む10人以上の住人が犠牲となる

    © Sputnik/ Stringer
    中東
    短縮 URL
    7014

    シリア領のイスラム地域で行われたダーイシュ(IS,イスラム国)に対するアメリカ主導の共同空爆によって少なくとも11人以上の住人が犠牲となり、痛ましいことに犠牲者の大部分は子供であったとシリアの人権監視団体が伝えた。

    ラッカ北部に位置するハジマ村で木曜日に行われた共同空爆の結果8人の子供と3人の女性が亡くなったと団長のアブデル・ラフマン氏が報道陣に語った。昨年12月に公表された人権監視団体のデータによると、アメリカのシリアにおける共同軍事活動の結果、約3700人のダーイシュ戦闘員と81人の幼児を含む299人の住人が死亡した。

    タグ
    イラク
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント