21:33 2017年05月23日
東京+ 22°C
モスクワ+ 18°C
    米国の軍人

    シリア 米国がダーイシュ(IS)の砦に兵力を置く事に警告を発す

    © AP Photo/ Raul R. Rubiera
    中東
    短縮 URL
    82563329

    シリアのリアル・ハッダド駐ロシア大使は「シリア政府の許可なく我が国内に米国の軍人が出現することは、シリアに対する侵略とみなされるだろう。米国が兵力を置くことについては、カーター国防長官も確認した」と述べた。

    ハッダド大使は、次のように主張しているー

    「シリアの公式政府(アサド政権)の同意なくなされるシリア国内の諸問題へのいかなる干渉も、我が国民に対する侵略行為とみなされる。」

    22日、米国のカーター国防長官は、CNBCのインタビューに答えた中で「テログル=プ『ダーイシュ(IS,イスラム国)』に勝利するために、彼らが自らの砦とみなすイラクのモスルとシリアのラッカに米国の兵力を置きたいと思っている」と述べた。

    なお同じく22日に雑誌「Politico」に掲載されたカーター国防長官の論文によれば、米国は近く、イラクに1800人のエリート部隊(第101空挺師団)を移動させ「ダーイシュ」との戦いに参加させる予定だ。

    タグ
    シリア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント