10:54 2020年10月22日
中東
短縮 URL
1120
でフォローする

米国防総省のカーター長官は声明を表わし、UAE(アラブ首長国連邦)がシリアに特殊部隊を派遣することについて、UAEと合意が得られた、と述べた。

特殊部隊は現地でスンニ派戦闘員の養成に当たる。目標はラッカのダーイシュ(IS、イスラム国、ロシアで活動が禁止されている組織)戦闘員撃退だ。

UAEの代表者とブリュッセルで会談した後の声明。特殊部隊の規模は明かされなかった。

UAEのほかにはサウジアラビアが、ダーイシュ撲滅のためシリアに地上軍を送る意向を発表している。

関連:

シリア 停戦に関し1週間以内の停戦の必要性で合意
シリア、ホムスでテロ、死者は20人を超える
シリア・ホムスで歴史遺産の復旧作業始まる
シリア 米国がダーイシュ(IS)の砦に兵力を置く事に警告を発す
タグ
シリア, アラブ首長国連邦
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント