10:06 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 18°C
    地対空ミサイルシステムS-400

    ロシアで装備刷新を図るイラン

    © Sputnik/ Mikhail Mokrushin
    中東
    短縮 URL
    2607110

    イラン政府は、ロシア製兵器の購入に意欲を示している。地対空ミサイルシステムS-400および戦闘機Su-30の購入が検討されているという。

    イランの国防当局者によれば、Su-30購入については両国国防相会談の枠内で近日中にも調印がなされる可能性があるという。

    イラン政府はまた、ロシアの「ウラルワゴンザヴォード」と共同で、イラン国内でT-90S戦車を生産する工場を建設することを検討している。ロシア側は既にこのプロジェクトに参加する意思を確認している。

    イランと6カ国が制裁解除に関する合意を結んだことで、兵器・装備市場におけるイランのプレゼンスが回復し始めている。

    関連:

    イラン、400万バレルの原油をロシア、フランス、スペインに輸出
    タグ
    武器・兵器, イラン, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント