20:46 2017年08月20日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    シリア軍の兵士

    CNN、シリア軍が戦う相手は「ダーイシュ(IS)」だと認める

    © Sputnik/ Michael Alaeddin
    中東
    短縮 URL
    1835200

    あるCNN記者に対し、「ダーイシュ(IS,イスラム国)」との戦いが行なわれているシリア東部へ番組撮影のために入る特別許可が与えられた。この記者は、シリア軍が戦っている相手が米国が流布する情報とは異なり、穏健反体制派ではなく、テロリストであることを自分の目で確認した。このほか、シリア軍司令部の代表は記者に対し、自分たちの戦いをロシアが大きく支援していると語った。

    シリア東部におけるシリア政府軍総司令官はCNNからの取材に対し、政府軍と「ダーイシュ」の間には常時衝突が続いていると語り、先日、シリア北部で政府軍による大規模な進撃が組織されたが、その際に一連のテロリストらの殲滅に成功したことを明らかにした。

    シリア政府軍は、この作戦が成功した理由についてロシアの支援によるところが大きいと認めている。総司令官は、ロシア航空部隊の空爆が戦況を大きく左右したと語った。

    これより前、米国からは、シリア軍が戦う相手は主に穏健反体制派であり、対「ダーイシュ」戦にはほんのわずかな努力しか傾けられていないという声明が表されていたものの、シリア軍の兵士らはこの声明を虚偽として否定している。

    関連:

    ロシア外務省 トルコによるシリア砲撃はテロリズムへの公然たる支持
    シリア反体制派、外国からミサイルを大量に入手していることを認める
    タグ
    シリア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント