19:38 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 26°C
    シリア 米国が率いる有志連合による空爆

    シリア大使 病院を空爆したのは米主導の有志連合

    © REUTERS/ Ammar Abdallah
    中東
    短縮 URL
    0 1481114

    シリアのリヤド・ハッダド駐ロシア大使は、米国主導の有志連合が、シリア北西部イドリブにある「国境なき医師団」の病院を空爆したと発表した。

    大使は、「破壊された病院だが、実際のところ、この病院を破壊したのは米空軍だ。ロシア航空宇宙軍は、これとは何の関係もない」と述べた。

    2月15日、シリアの2つの病院に対する攻撃にロシア機が関与している可能性があるとの情報が流れた。一つは、シリア北部アレッポにある病院、2つ目はイドリブにある「国境なき医師団」の病院。

    トルコのダウトオール首相は、アレッポの病院を攻撃したとしてロシアを非難し、「国境なき医師団」のメゴ・テルジアン会長は、イドリブの病院について、攻撃したのはシリア政府軍あるいはロシア機だと主張した。

    アレッポの病院が空爆を受けた結果、14人が死亡、イドリブの病院では医療関係者と患者を含む7人が死亡したほか、さらに8人が行方不明となっている。

    関連:

    シリアのホムスの病院脇で爆発、10人以上が死亡(動画)
    シリア 戦闘員の基地から化学兵器用の設備見つかる
    タグ
    米国, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント