19:21 2021年03月05日
中東
短縮 URL
206
でフォローする

テロ組織「アル=ヌスラ戦線」は2日、シリア北部アレッポのクルド人地区を迫撃砲と重火器で攻撃した。通信社フィラットが伝えた。

伝えられたところによると、「アル=ヌスラ戦線」とその仲間の親トルコ組織「アハラール・アル・シャーム」に掌握されているアレッポ郊外のバニザイドから砲撃があったという。

現在伝えられている情報によると、砲撃により2人が死亡、5人が負傷した。

通信社フィラットは、2月16日から28日までにアレッポの2つのクルド人地区への砲撃で一般市民28人が死亡、314人が負傷したと報じている。

関連:

露国防省「ジャーナリストが負傷したシリア・ラタキヤへの砲撃は、トルコ領内から」
「ダーイシュ(IS)」 アレッポのシリア軍へ供給を行うための唯一のルートを支配下に置く
トルコ、シリア国境に前進基地を建設中(映像あり)
タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント