06:00 2020年08月10日
中東
短縮 URL
「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
103
でフォローする

テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」は、イラクのラマディからモスルへ逃げた戦闘員を町の広場で生きたまま焼き殺した。通信社フォックス・ニュースが報じた。

今回の処刑は、イラク北部で政府軍と戦うことになる他のメンバーに対する見せしめだったと思われる。

モスルの住民たちは、「ダーイシュ」の処刑を目撃した。そして以前モスルに住み、今は米国に滞在している親戚に、「戦闘員らは集まって輪をつくった。そして(逃走したメンバーに)火をつけた」と報告したという。

トピック
「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)

関連:

露国防省「ジャーナリストが負傷したシリア・ラタキヤへの砲撃は、トルコ領内から」
「ダーイシュ(IS)」 アレッポのシリア軍へ供給を行うための唯一のルートを支配下に置く
トルコ、シリア国境に前進基地を建設中(映像あり)
タグ
イラク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント