17:27 2019年11月20日
シリアのアレッポ市

シリアで化学兵器が戦闘員の手に:アレッポにあるクルド人地区がリン弾で砲撃される

© REUTERS / Abdalrhman Ismail
中東
短縮 URL
127
でフォローする

シリア北部アレッポのクルド人地区への砲撃で、戦闘員らが黄リンを含む砲弾を使用した。クルド人民防衛隊が伝えた。なお攻撃を受けて同部隊のメンバー数人が病院に搬送されたという。

クルド人民防衛隊のレドゥル・ハリル代表によると、化学兵器は、「アハラール・アシ・シャーム」や「アル・ジェブハ・アシ・シャーミヤ」の戦闘員によって使用された可能性がある。

6日、「アハラール・アシ・シャーム」の戦闘員が、シリア北西部フアアの居住地区を迫撃砲で砲撃したことが明らかとなった。また対戦車ミサイルも使用された。

先にシリアにあるロシアの紛争当事者和解センターは、1日で7件の停戦違反があったと伝えた。

関連:

米国防総省、シリア反体制派武装戦闘員の養成を再開
シリア各勢力間交渉 3月9日に再開
ロバート・ケネディ:シリア危機の大もとはカタールのガスをめぐる米国の戦い
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント