11:19 2020年09月20日
中東
短縮 URL
1016
でフォローする

違法な原油販売の収入減少により、ダーイシュ(IS、イスラム国)は極端な措置をとることを余儀なくされている。アラブの新聞アル・サバーハによれば、テロリストらは自陣戦闘員の臓器販売のため、負傷者の「解体」を始めているという。

テロリストらは国際闇市場での販売のため、女性や子供を含む占有都市の住民の体から臓器を回収しているという。スペインのエル・モンドによると、モスルの病院では少なくとも183人から臓器が抽出された。
エル・モンドによれば、捕虜の臓器も販売されている。

昨年、イラクのモハメド・アルドゥリ国連大使は、ダーイシュが違法な臓器売買を開始したと述べていた。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント