13:53 2018年05月28日
東京+ 23°C
モスクワ+ 12°C
    過激派組織「イスラム国」

    ロシア人女性スパイが我々の戦列に入った―ダーイシュ(IS)

    © Flickr/ Enno Lenze
    中東
    短縮 URL
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
    1111

    ダーイシュ(IS、イスラム国)戦闘員がさらに一人自軍戦士を処罰した。ロシア人女性エルヴィラ・カラエワで、ロシアの諜報機関のためのスパイ活動が問われた。ロシアのメディアが報じた。

    テロリストによれば、女性は加入後4年間、ロシアの諜報機関のために働いていた。過激派の隠れ家や軍事基地に関する情報を渡していた。

    ダーイシュによると、女性は安全を確保するためにアブ・ムスリムという名前のジハーディストと結婚、その後毒殺した。

    トピック
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント