02:36 2020年10月31日
中東
短縮 URL
1315
でフォローする

トルコのガジアンテプにあるエルシンアルスラン地区病院でダーイシュ(IS)戦闘員が治療されている。匿名希望の医師がスプートニク特派員に語ったところ、5日、シリアとの国境で負傷した戦闘員4人が病院に搬送されたという。医師によれば、ダーイシュ戦闘員の入院および治療は病院側で書面による裏づけを受けていない。

エルシンアルスラン地区病院
© Sputnik / HİKMET DURGUN
エルシンアルスラン地区病院
先にガジアンテプのオグゼリ地区でシリア国境を不法に越えようとしたダーイシュ外国人戦闘員らにトルコの国境警備が発砲したことが明らかになった。結果、戦闘員3人が死亡、11人が負傷した。4人がエルシンアルスラン病院に運ばれた。

エルシンアルスラン地区病院
© Sputnik / HİKMET DURGUN
エルシンアルスラン地区病院
医師は次のように述べた。「当院にダーイシュ戦闘員4人が運び込まれた。うちの1人が1993年生まれのアフガン人、バグル・フェルハドだ。私も検診を行なった。みな銃創を負っていた。全員、命に別状はない。4人ともカルテに正式に記載されてはいない。彼らがここで治療を受けたことが知られないように、との病院指導部の配慮だろう。一部の医師や医務院はダーイシュの制圧下にあるシリアの地域から連日ミサイル攻撃を受けている町の出身者であり、戦闘員の治療に反対している」

エルシンアルスラン地区病院
© Sputnik / HİKMET DURGUN
エルシンアルスラン地区病院

タグ
トルコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント