20:46 2017年08月17日
東京+ 27°C
モスクワ+ 23°C
    米国軍

    イラク軍 「ダーイシュ」に支配されているファルージャに入る

    © AP Photo/ Jim Macmillan
    中東
    短縮 URL
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
    153151

    イラク軍は、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」が支配するファルージャに入った。AFP通信が、現地の司令官らの話を引用して伝えた。

    その後、シーア派民兵が町のはずれで、戦闘員らによって掘られた分岐型トンネル網を発見した。テロリストらが自分たちの拠点を移動するために使っていたと見られている。

    イラク軍は1週間前、ファルージャ奪還作戦を開始した。これまでに複数の居住地区の解放に成功している。またハジ・ハムザの名で知られるファルージャにおける「ダーイシュ」のリーダーも殺害された。

    ファルージャは、イラクの首都バクダッドから西におよそ50キロ離れた都市で、2014年から「ダーイシュ」に支配されている。戦争が始まる前、ファルージャは人口およそ35万人のイラクの主要都市の一つだった。

    トピック
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)

    関連:

    スイスの村、難民10人受け入れの代わりに30万ドルを支払い
    タグ
    イラク
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント