11:46 2017年12月12日
東京+ 7°C
モスクワ0°C
    Su-34

    スホイ34 シリアで「ダーイシュ」の石油精製所を攻撃

    © Sputnik/ Vladimir Astapkovich
    中東
    短縮 URL
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
    3290

    シリアのハセケでスホイ34型機がテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」(ロシアで活動が禁止されている)の石油精製所を爆撃した。シリアの紛争当事者和解のための情報報告センターが伝えた。

    攻撃が行われたのは、企業の敷地内にある石油タンク。軍の情報によると、爆撃の結果、技術設備が故障した。また石油製品が燃えて、石油精製所で大規模な火災が発生した。

    石油の密輸は、テロリストらの主な資金源となっている。マスコミは、「ダーイシュ」の違法ビジネスの主な「パートナー」はトルコであると何度も報じている。

    西側のマスコミは、「ダーイシュ」の石油販売にトルコのエルドアン大統領の子供が関与していると伝えた。なおエルドアン大統領は、全ての非難を否定している。

    トピック
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)

    関連:

    イラク、「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の自爆テロ犯養成指揮官が死亡
    マスコミ:ダーイシュ(イスラム国)の戦闘員によって化学兵器が使用される
    タグ
    ロシア, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント